過払い金にも関係している責務整理は知識を持つ弁護士を味方に

相談がお仕事

相談

離婚カウンセラーは、離婚全般に関する相談を受けるというのが仕事になります。結婚に対する不満や疑問、離婚の手続きや方法など、様々な角度からアドバイスを行う事になります。

困難に立ち向かおう

男の人と女の人

法律は私達の暮らしを守ってくれるものでもあります。会社破産や離婚問題など法律で解決したり調整したりできる問題の時は弁護士のようなプロに頼んで解決の対策を取るようにしましょう。

内容を知る

女性

今後の債務整理について

過払い金にも関係する債務整理についての今後ですが、これまで債務整理となると任意整理で手続きをするのが最も多かったのですが、任意整理の方針で債権者である金融機関に交渉しても減額や金利免除に応じない、むしろ一括での支払いなら応じるという業者も増えてきています。それは、法律の範囲内の金利で契約しているので減額できるものがないことと、過払い金返還で企業の経営体力が弱まり、倒産してしまう金融機関もあるからです。通常の返済も利息だけの返済は応じないという業者もあるくらいです。そのため、今後は個人再生での債務整理を選択される方が増えていきます。ただし、住宅ローンを除く債務の金額が5000万円以下であることが個人再生の条件となるため、それ以外の場合には弁護士などに相談してみましょう。

過払い金にも影響する債務整理を行う場合、注意しなければならないのは、任意整理、個人再生、民事再生、自己破産のいずれの債務整理の手続きを行うにしても信用情報機関のその事実が登録されてしまうことです。そうなると、法律で債務整理をした方には融資を禁止しているとされているわけではないのですが、借金の返済能力がないためにこのような手続きをしたとみなされますので、今後カードローンの申し込みやクレジットカードの作成、住宅ローンの審査、携帯電話の契約、アパートを借りる時の保証会社の利用などが難しくなってしまいます。債務整理をする前に、おまとめローンや借り換えローンで検討できないか、不動産担保ローンで金利を安くできないかなど検討をしてみることと有能な弁護士を探しておくことです。

争点を明確にできる

男性

離婚をしたい、もしくは離婚を視界に入れて暮らしているという時は何から話し合って進めていけば良いのか分かりません。その際、弁護士の力を借りれば冷静に話し合うことができます。